言葉が遅いと矯正すべき? 赤ちゃんに自然に話させる5つのコツ

我が子がなかなかしゃべり始めないと、パパママは不安になるもの。保育園や幼稚園で他の子と比較してしまい、遅いと感じるとなおさらです。ではどうすれば、赤ちゃんは話し始めるようになるのでしょうか?自然に話し始める5つのコツをご紹介します。

言葉が遅いとされるのは何歳頃から?

我が子の言葉が遅いと感じているパパママは多いようですが、では赤ちゃんは一体どれくらいの月齢から話し始めるようになるのでしょうか?あるいはどれくらいの月齢になっても話さなければ、言葉が遅いと言えるのでしょうか?

言葉が遅いとパパママたちが感じるのは○歳頃が多い

実際に小さな子を持つパパママたちが我が子の言葉が遅いと感じ始めるのはどれくらいの月齢からなのでしょうか?
AERAdot.は2019年10月、「1歳半から2歳ごろに『先生、うちの子言葉が遅くありませんか?』と保護者から『言葉の悩み」』についてよく相談を受ける」という現役保育士の声を紹介しています。
人によって感じ方に差はあるかもしれませんが、おおむね2歳になっても話し始めないと「言葉が遅い」と感じるパパママが多いといえるようです。

言葉の発達は個人差が大!気にしすぎないで

では実際に赤ちゃんが、言葉を話し始めるのはいつ頃なのでしょうか?
小児医事出版社の「デンバー発達判定法 2003年版」に次のようなデータがあります。
「パパ」「ママ」などの「最初の一語」を話し始める月齢に関する調査で、9か月ごろから話し始めるのは25%の子供、1歳ごろからは50%、1歳半を過ぎると、90%という結果となっています。
このデータから分かることは、言葉の発達は個人差が非常に大きいと言うこと。
またこの調査結果はあくまでも「最初の一語」。
2語3語と話してようやくしゃべり始めたと感じることが多いことを考えると、2歳になってもまだ話せない子供は決して少なくないといえるはずです。

言葉が遅いと感じたときに注意すべき3つのポイント

赤ちゃんの言葉が遅いかどうかは、さほど心配する必要はないと言うことをお説明してきましたが、それでもやはり心配になってしまうのが親というもの。
では、心配する以外にはどんなことをすればいいのでしょうか?
注意すべき点を3つあげてみました。

耳はちゃんと聞こえている?

言葉は耳で聞くもの。
聞こえていなければ反応できませんので、当然言葉も出てきません。
赤ちゃんの言葉が遅いなと感じたら、ちゃんと耳が聞こえているか確認してあげてください。
それほど難しいことをする必要はなく、音がした時に音のした方向を向くかどうかなどで確認しましょう。

言われたことに正しく反応している?

パパママが話したことがちゃんと伝わっているかどうかを確認しましょう。
言葉はまず理解することができるようになり、その後、理解した言葉を口にできるようになります。
パパママが言ったことに対して、反応しているようであれば大きな問題はないと考えてよいでしょう。

語りかけるときはとにかくゆっくり

赤ちゃんに話すよう促す方法として、話しかけてあげることは極めて重要な作業です。
しかし、もちろん赤ちゃんの理解力には限界があります。
まだ言葉がほとんど話せないと言うことは、言葉をまだほとんど知らないということもできます。
話せるようになる前にまずは赤ちゃんに言葉を理解してもらうためにも、とにかくゆっくり話しかけるようにしましょう。
例えば私たちも、ネイティブの早口の英語はほとんど理解できなくても、同じことをゆっくりと話してもらえばある程度は理解することができます。
それと同じで、同じ言葉でもゆっくりとした話しかけ方ならば赤ちゃんの理解も進むのです。
焦りから情報過多にならないよう、少ない単語をできるだけゆっくりと話しかけるようにしてあげてください。

赤ちゃんに自然に話させる5つのコツ

言葉が遅い赤ちゃんでも、注意深く見守っていると何かを言いたそうにしていることが結構あります。
そのチャンスを見逃さずに手助けしてあげれば、赤ちゃんから言葉を引き出すことができる場合があります。
そんなこちらが手助けすることで赤ちゃんに自然に話させるコツを5つ、ご紹介します。

赤ちゃんが指さしをしたら反応してあげよう

まだ言葉を自由に扱えない赤ちゃんは、よくものを指さして「あ-」などと言うことがあります。
そんな時、指さしたものに関連する会話を続けてあげましょう。
例えばバスを指さしたなら、「緑色のバスだね」、「バスは速いね」などと会話を広げてあげます。
赤ちゃんが興味を持ったものですので、それに関連する言葉は積極的に聞こうとするため、言葉の発達に有効と考えられます。

赤ちゃんが何か話したら一言足してあげよう

赤ちゃんがご飯のことを「マンマ」と言ったら、「白いマンマだね」「マンマおいしそうだね」など、「マンマ」という言葉に何か一言足して会話を続けてあげて下さい。
赤ちゃんは自分が発した言葉だけでなく、足された言葉にも興味を持つので言葉を覚えやすくなります。
また、自分の言葉と足された言葉を関連付けて覚えようとするので、これも言葉の発達に効果があります。

赤ちゃんの気持ちを代弁してみよう

赤ちゃんの気持ちを代弁してみるのも、言葉の発達に効果があります。
「代弁する」というと何か小難しい感じがするかもしれませんが、分かりやすく言えばパパママが赤ちゃんのその瞬間の気持ちになって、かわりに言葉を発してあげるということです。
例えばご飯を食べたら「たくさん食べてお腹いっぱいになったね」。
砂場で泥遊びをして手が汚れたら「泥んこで遊んで手が汚れたね」。
歩き疲れた様子だったら「たくさん歩いて疲れたね」などです。
その時の赤ちゃんの気持ちになってかわりに言ってあげる。
こうすることで、赤ちゃんが自分が言いたかった言葉が耳に入ってくるため言葉の習得につながります。

赤ちゃんの言葉を本当の言葉に換えてあげよう

いわゆる「赤ちゃん言葉」は赤ちゃんだけが使う言葉であって本当の言葉ではありません。
例を挙げれば「ブーブ」や「マンマ」がその代表例と言えるでしょう。
こういった言葉は話し始めるとっかかりにはなりますが、やはり本当の言葉を覚えてほしいもの。
赤ちゃん言葉からの卒業が早ければ、それだけ早く正しく話し始めることが出来ます。
赤ちゃんが「ブーブ」と口にしたら、「ブーブだね、ブーブは車だよ」。
「マンマ」と言ったら、「マンマはご飯だよ」という風に言い換えてあげます。
こうやって自分の言った言葉を正しく言い換えた言葉を耳にしていくことで、本来の言葉の習得につながり正しい話し方を覚えることになるのです。

自分も赤ちゃんの感覚になってみよう

パパママが赤ちゃんの感覚になってみることで、赤ちゃんが言いたいであろう言葉を代わりに言ってあげる、というものです。
例えばお風呂に入った時に、お湯に浸かったら「お湯、あったかいね」。
体を洗い終えたら「体、ツルツルになったね」などと言ってあげましょう。
赤ちゃんが今感じているであろうことを代わりに言ってあげることで、赤ちゃんは自分が言いたかった言葉を耳にすることになりますので、言葉の習得につながるのです。

まとめ

言葉が遅いと親としてはどうしても焦りがちになるものですが、言葉の早い子を見るのではなく遅い子の方を見るようにしてあげてください。
そうすれば、我が子より言葉の遅い子が如何に多いかに気付くはずです。
後は普段の生活の中で、歌を歌ったり、絵本を読んだり、語りかけたりを繰り返していけば、子供は自然と言葉を覚えていくものです。

おむつがなかなか取れない!子供をおむつからスムーズに卒業させる方法とは?

赤ちゃんからの卒業といえばやっぱりおむつが取れること。でもこれがけっこう難しかったりします。我が子のおむつがなかなか取れないと親としては心配になるもの。ではどうやったらオムツからスムーズに卒業できるのでしょうか?

「おむつが取れない」と世間のパパママが悩み始めるのは何歳から?

我が子のおむつがなかなか取れない、とお悩みのパパママは多いでしょう。
でも、それ本当に悩む必要がある年齢なのでしょうか?
まだまだおむつが取れる必要がないのに、勝手に先走って悩んでしまっているだけなのかもしれません。
「おむつが取れない」ということで親が悩み始める子供の年齢に関しての明確なアンケート結果やデータなどはありませんでした。
そこで、育児系サイトのお悩み投稿欄を見てみると「3歳になってもおむつが取れない」という投稿がいくつも見られました。
たしかに、3歳となるとそろそろ保育園や幼稚園に行く準備を始めなければならない年齢です。
もちろんおむつをつけたままで、すでに保育園や幼稚園に通っている子供もいるでしょう。
しかしやはり出来れば保育園や幼稚園に行くまでにおむつは取れておきたいですよね。
どうやら世間一般では3歳になってもおむつが取れないと悩み始めるパパママが多いようです。

おむつを取りたいならまずはトイレに興味を持たせよう

おむつがなかなか取れない子は、言い換えればトイレの存在に気付いていない子。
トイレというものがあり、そこでおしっこやウンチをするものなのだということに気付いてあげさせることが出来れば、おむつ卒業の近道となるのです。
では、どうすれば子供にトイレに興味を持たせることが出来るのでしょうか?

周りの子の様子を見せよう

すでに保育園や幼稚園に通っている子供ならば、園でトイレの時間があるはずです。
そんな時に、先生が他の子供たちがトイレを使う様子をまだおむつを付けている子供たちに見せて、トイレへの興味を掻き立ててくれているはずです。
保育園や幼稚園にまだ通っていない子供であれば、周りの遊び友達の中ですでにトイレに行くこと出来る子がトイレを使う様子を積極的に見せるようにしましょう。
年上の子供などもいるはずですから、いいお手本はたくさんいるはずです。
周りの子を見ているうちに興味を持ち、自分もトイレが出来るようになったという子は多いようです。
さらに、ただ見せるだけでなく、出来なくてもいいので真似てトイレに座るようにさせるという方法も効果的なようです。

お気に入りのパンツを見つけさせよう

おむつとパンツは明らかに履き心地が違います。
子供でも3歳くらいになると、おむつを履いていればおしっこウンチをしてもいいけど、そうでない時はしてはいけない、となんとなく気付いています。
おむつに頼っている子供はおむつを履いていないと不安になるもの。
そういう子はいつまでたってもおむつを履きたがります。
そこであえておむつを履かないという機会を作るのです。
そんな時に有効になるのが、お気に入りのパンツを見つけさせるというもの。
お気に入りのパンツを履きたがるようになればしめたもの。
「今、どんなパンツ履いてたっけ?パンツはトイレに行けば見ることが出来るよ」と教えてあげれば、お気に入りのパンツ見たさにトイレに入ってくれるようになります。
そして、トイレに入ったらおしっこやウンチをするというように習慣づける。
時間はかかるかもしれませんが焦りは禁物。
習慣がつくまで親も一緒に頑張りましょう。

トイレがテーマの絵本を読んであげよう

トイレに興味を持たせる方法として、トイレがテーマの絵本を読んであげるというのも有効な方法の一つです。
実際、トイレトレーニングの補助のために、小さな子供向けにトイレをテーマにした絵本はたくさん出ています。
そのための絵本であれば、子供がトイレを身近に感じられる様な作りになっていますので、絵本が好きな子供であれば自然とトイレに興味を持ってくれるはずです。
中にはスイッチを押すと用を足す音や水が流れる音がする絵本もあるようです。
子供の興味を引く工夫がたくさんなされていますので、ぜひ一度試してみてください。

おむつを卒業するための有効なトイレトレーニングはこれ!

おむつがまだ取れていない子供がトイレに興味を持ってくれれば、後はトイレトレーニングを繰り返すだけ。
しかし、トイレトレーニングといってもさまざまな種類があります。
そんな中で比較的有効であるとされている方法を3つご紹介します。

子供のペースに合わせよう

1人目の子供でパパママも新米ならば、「早くトイレを覚えさせなきゃ」と気持ちも焦りがちになるもの。
でも、トイレをするのはあくまでも子ども自身。
パパママのはやる気持ちは分りますが、そこはぐっとこらえてあくまでも子供のペースに合わせましょう。
また、子供がおむつを履きたがれば無理せず履かせるようにすることが大切です。
何よりも子供がスムーズに行動できることが大事です。
子供のペースに合わせていれば遠回りしているように感じてしまうかもしれませんが、それが結果として早いおむつ卒業につながるのです。

トイレを子供の好きな空間に変えよう

トイレが出来るかどうかはひとまず置いておいて、子供が行きたがる空間にトイレを作り変えましょう。
100円ショップなどで売っている壁紙やステッカーを使って、例えば乗り物が好きな子供ならばたくさんの乗り物を壁中にあしらってあげれば、子供は何度でもトイレに行きたがるようになります。
トイレが出来るようになるその前の一歩として、トイレを好きになってもらう。
そうすればいつしか、便器などに対しても「これは何?」と興味を持ってくれるようになります。
何度もトイレに通っているうちに、トイレとは何の場所なのかを学んでくれるはずです。

トイレに誘う時間を決めよう

少しずつトイレを使い始めるようになっても、「おしっこ!」と子供が言ってから連れていっても間に合わないというケースも少なからず発生します。
そんなケースを未然に防ぐため、子供が「おしっこ!」といってからトイレに行くのではなく、あらかじめトイレに行くタイミングを毎日決めておきましょう。
行くタイミングももちろん子供ファーストで決めてあげます。
一例を挙げれば、「起床後」、「朝食後」、「昼食後」、「おでかけ前」といったように、子供にとっても体で覚えやすいタイミングを決めてあげればなお良いでしょう。
きっちりタイミングを決めてもパパママが忙しくて対応できない、というようなケースもあるでしょう。
そういう場合は、子供の行動の区切りごとに声をかけるようにしてみてあげてください。
例えば、「食事が終わったら」、「遊びが終わったら」というタイミングで声をかけるようにするのです。
これならば、パパママも自分のタイミングとあわせることも可能なはずです。
いずれにしても、何かのきっかけで必ずトイレに行く癖をつけるようにしてあげてください。

まとめ

おむつが取れないと親としては心配になるものですが、いつかは必ず取れるもの。
試行錯誤の繰り返しや時間がかかってしまうかもしれませんが、それも子供の成長の証。
自分でしっかりとトイレに行ってくれるようになった時の喜びは、苦労が多ければその分大きいもの。
苦労したトイレトレーニングもいつかきっと良い思い出として振り返れるはずです。