【ママ必見!】子育てや育児の悩みベスト3!こんなときどうしたらいい?

我が子の誕生とともに生まれる今後の不安や悩み。子供一人ひとりに個性があり、正解のない問題でもあります。
解消方法があれば必要以上に子供を叱ったりストレスを感じることもありません。
この記事では、子育てや育児の悩みで特に多い「イライラ・しつけ・養育費」の対処法についてお話します。

子育てや育児のイライラの原因と解消法

子育てや育児の悩みで一番多いのが「イライラ」。

言葉がまだわからない乳幼児や、反抗期の子供に対してどうやって対処したらいいのかわからない、というのがイライラの原因です。

赤ちゃんが泣いているけど、何で泣いているのかわからなくてイライラしてしまうママさんも多いはず。
特にはじめての子供のときは、何もかもがはじめての経験ですからわからなくて当然です。

子供も成長するにしたがって自我が芽生え、感情の通りに行動し始めるので親のいうことを聞いてくれなくなります。
いわゆる反抗期ですね。

親も人間です。
わかってはいるけど子供の反抗期の態度に、ついイライラしてしまい怒ったり怒鳴ったりしてしまうことも。
「怒るつもりはなかったのに…」「自分では叱ったつもりだけどそうじゃなかったかも…」と後で後悔しているパパやママの声がもっとも多いんです。

イライラしたときの対処法は?

子育てや育児の悩みは夫婦間で話し、どうすればいいのか一緒に考えることです。
もしあなたがシングルなら、相談できる人や場所を見つけること。

イライラすると思考能力が正しい判断をできなくなるので、子供にも悪影響を与えるかも知れません。
同じ悩みや不安をもったパパやママはあなただけではないんです。
夫婦や気軽に相談できる誰かと「共感」し「一緒に考えて」心の不安を取り除きましょう。

子育てや育児のしつけ方・叱り方は?

イライラに次いで多いのが「しつけ・叱り方」。
それぞれの家庭によって異なるため、果たして自分のしつけや叱り方が正しいのか悩む人も多いんです。

今は、しつけのつもりで叱っても「虐待だ」とすぐに通報されたりする時代。
子供が悪いことや危ないことをしたときには、注意をするのが親の務めです。

ただ、昔のように親が子供にゲンコツでしつけをしていた頃と今ではまったく違います。
近隣から子供の泣き声が聞こえただけで、虐待だと過剰に反応するのも悪い風習。
子供にしつけをしようとしても、周りの目を気にして叱ることすらできない親も増えているんです。

でも子供の成長は早く、どんどん自我が芽生えてきます。
自我が芽生えた子供には、何をいってもなかなか親の思い通りにはならないことが多く悩みの種になりがち。
親から子への「良い悪い」も受け入れてもらえなくて、どうしたらいいのかと苦悩が絶えません。

そんなときは、自分の普段の行動を改めて振り返ってみてはどうでしょうか。
小さな子供にとって、ママは常に一緒にいる存在。
ずっとママの言動を見ているんです。

ママがスマホばかりいじっていて子供の話を聞こうとしなかったり、子供との距離が遠いなど親のすることの多くを子供は見て真似します。
「子は親の鏡」という言葉もありますので、きちんとしつけをしたいならまずは自分の行動を振り返ってみて、子供に正面から向き合いましょう。

子育てや育児にかかる養育費の悩みを解消する方法

子育てにかかる養育費も悩みの一つとして避けられません。
普段の生活費に加え、成長するにつれてかかる教育費や保険などが増えていきます。

子供ができて幸せいっぱい!子供と一緒に遊びたい!いろんなところへ連れていってあげたい!
と思っていても、お金がなくて毎日残業、家に帰る頃には子供は寝ている…それでは寂しいですよね。
お金の問題は家族の問題でもあるので、大きな悩みとなることも多いんです。

赤ちゃんの頃はおむつ代やミルク代くらいなのでまだいいのですが、子供の年齢が上がるにつれて学費や習い事にかかる費用、スポーツをすればそれにかかる費用など、あげればキリがありません。

これを解消するには、計画的に節約と貯金をすることが重要。
子供の成長は待ってはくれませんので、コツコツと子供が成長するのに合わせた生活リズムをすることです。
夫婦で協力して、家族の将来のために一緒に成長していきましょう。

子育てにストレスを感じる原因

子育てや育児にストレスを感じるのは、核家族化した現代にも原因があるといえます。

昔の日本は農業従事者が多く、子育ては親だけでなく近所の人や地域で守り、協力しながら行うのが当たり前でした。
親や親せき、その友人などのつながりが強い時代でもあり、子供は近くにいる大人みんなで育てるという意識が強かったからです。

ですが、今は結婚しても親とは離れて暮らす核家族化が当たり前で、近所や地域の方との親密度も薄れているため、挨拶程度の付き合いということも多いでしょう。
子育てや育児に悩んでも、そばに相談する人や頼れる人がいないことから、1人で子育てをしている感覚になり孤独を感じることも。

ママ友との関係もストレスの一つ。
場合によっては、ママ同士でいじめやケンカが起こるケースもあります。
子育てのストレスとは関係ない所で、ママがストレスや孤独を感じる場合もあるのです。

専業主婦も働いているママも、それぞれのライフスタイルのなかで子育ての悩みを抱えています。
子育てや育児をするなかでストレスを感じる原因、それは自分の時間がもてないことや、相談する相手がいないことの不安、子育てをする上で自分の感情や言動をコントロールできないなどさまざま。

子育てにストレスを感じる人とそうでない人の違いは、そういったストレスの原因を軽減・解消できているかどうかです。
親の意思だけではどうしようもないことも多い子育てや育児。
ストレスを溜めないで減らす方法を確保することは、非常に需要です。

一人で悩む必要なし!電話相談を利用しよう

子育ての悩みは一人で抱えず、電話相談をして不安やストレスを取り除きましょう。
一人で孤独と戦う必要はまったくありません。

上述した通り、核家族化した現代では両親と離れた場所で暮らすことも多くなっているため、子育てのアドバイスを目の前で見せてもらうことが少なくなっています。
たとえ近くにいなくても、電話で相談できるママ友や話を聞いてくれる旦那さんがいればストレスの軽減にもなるでしょう。

ですが、なかには誰にも相談する人がいない、相談したくてもできないなどで一人で悩みを抱え込み、知らず知らずのうちに心身ともに疲れ切ってしまい、あげくの果てには育児放棄をしてしまう人も。
それでは、何のために子供を産んだのかわかりません。

昔のように地域の人みんなで子育てをしていた代わりに、今は電話相談があります。
日本保育協会が運営している子育てホットライン「ママさん110番」や、育児全般に関する悩みを相談できる「エンゼル110番」など、子育てや育児に悩んだときは相談しましょう。

他にも通話料はかかりますが、赤ちゃんとママの栄養や育児の相談ができる「明治乳業赤ちゃん相談室」や
夫婦関係や子育てがつらいと感じたときの「よりそいホットライン」など、さまざまな電話相談があります。

電話相談窓口は、多くの悩み相談に応じてくれる心強いサービスの一つです。
インターネットの掲示板もいいですが、根本的な解決が必要なら電話相談も一つの手段。
ぜひ、あなたの気持ちが求める相談窓口を見つけて利用してみてください。

解決しない悩みはない

子育てや育児の悩みはたくさんありますが、そのなかでも多いのが「イライラ・しつけ・養育費」です。
それぞれの家庭に異なるライフスタイルがあり、子育ての仕方も違うのでママやパパが一人で悩んでしまうこともあります。

ですが、悩んだときは改めて自分の行動を見直してみたり、どうしても解決しない場合は電話相談して悩みを打ち明けることも必要です。
正解のない子育てですが、子供も大人も同じ人間。
解決しない悩みはありません。
子供の成長とともに自分も何かを学ぶチャンスだと思って、もう一度子供と向き合ってみましょう。