【知らないとまずい】なぜ子供の熱が下がらない?原因と対処法

子供が熱を出したとき、下がらないと心配ですよね。ですが、大人も一緒ですが熱が出るというのは身体が何かしらの「防御反応」をしているということ。決して悪いものではないんです。ただ、数日たっても熱が下がらない場合は注意が必要です。この記事では、熱が下がらないときの原因と対処法を紹介します。

 

なぜ子供の熱が下がらないのか?

子供が小さいときは免疫力が弱いため、熱を出す頻度が高いです。家で熱を下げるためにいろいろと試しても、下がらないと不安が倍増しますよね。でも発熱をするということは「身体が何かしらの防御反応を起こしている」ということなので、悪いものではありません。外部から身体に侵入した病原体の増殖を抑えるために身体が戦っている働きです。軽い発熱で、水分がとれており元気ならむやみに解熱剤を使用する必要はありません。

 

高熱でつらそうな場合は、解熱剤を使うこともいいですが、生後6ヶ月未満の乳児は体温を下げすぎてしまう可能性があるため、解熱剤の使用は避けましょう。乳幼児に解熱剤を使用する際は、医師に相談し適切な対処をすることです。

 

子供の発熱の原因と対処法

ここでは、ほんの一部ですが発熱の原因となる病気を紹介します。発熱の原因は何かしらの病原体が身体に悪さをしている証拠。何が原因で熱が出ているのか、身体に現れる症状を見逃さないことが重要です。

 

ただ、検査をしないと正しい原因や処方ができないのも事実ですので、自己判断はせず病院を受診しましょう。また、あらかじめ予防接種をすることで防げる病気も多くあるので、できるだけ早めに受けることをおすすめします。

 

インフルエンザ

38℃以上の発熱に加え、筋肉痛や頭痛、関節痛に鼻水、のどが痛いなど多くの症状があります。乳幼児では、中耳炎などを併発することも。くしゃみや咳などで飛沫感染するので、流行時期は特に要注意です。

 

【対処法・注意点】

インフルエンザの予防接種を受けることで、実際に感染した際の重症化を防ぐことが期待できます。また、ある程度の発生率を下げることは可能ですが、予防接種をしたからといってインフルエンザにかからないわけではありません。基本は外出から帰ったら、手洗いやうがいを必ずすること。

 

水疱瘡

水疱瘡は赤みをともなう発疹や、皮膚の盛り上がりが見られ水ぶくれの症状が現れる病気。初期症状は身体の中心部にポツポツと小さな発疹が出て、最終的には身体全体に広がっていきます。これも感染するため、学校などは休まなくてはいけません。ただし、1週間程度たってすべての発疹がかさぶたに変わったら学校へ登校できます。乳児は発熱率が少ないのですが、年齢が上がるにしたがって発熱率が高く、38℃前後の熱が2~3日ほど続くんです。

 

【対処法・注意点】

水ぶくれはかゆみがあるので、ついかいてしまいがちですが、跡が残りやすくなり他の皮膚病へつながる恐れもあります。そのため、子供の爪は常に短めが基本。熱が下がったらシャワーで身体を洗い清潔にしてあげましょう。水疱瘡の予防は、1歳の誕生日の前日~3歳の誕生日の前日までを対象にワクチンの定期接種が受けられます。

 

はしか

38℃前後の発熱が初期症状。これが2~4日程度続きます。乳幼児は下痢や腹痛をともなうことも。一時的に熱は下がりますが、再び高熱が出ると同時に発疹が出てきます。また、咳や鼻水などの症状が強く見られ、肺炎や脳症などにつながる場合もあるんです。

 

【対処法・注意点】

予防接種を受けることが一番の有効な対策です。1歳児、小学校入学前1年間の幼児は、麻疹風疹混合ワクチンの定期接種対象となるので、しっかり受けておきましょう。

 

風疹

発熱に発疹、リンパ節の腫れなどの症状が見られる病気です。子供は比較的軽く、まれですが脳炎などの合併症が見られることも。

 

【対処法・注意点】

風疹は妊娠20週頃までの妊婦さんがかかると、胎児の難聴や心疾患などのリスクを高めると考えられるため、風疹にかかっている人の近くには寄らないことです。もし、妊娠中に子供が風疹にかかってしまった場合は、一時的に子供を実家に預けるなど対処をした方がいいかも知れません。

 

おたふくかぜ

耳下腺の腫れにともない、顔のどちらか半分、または両側が膨れ上がったようになるウイルス感染症です。数日間の発熱をともないます。

 

【対処法・注意点】

実は、おたふくかぜは合併症が怖い病気。髄膜炎や難聴の原因になることもあり、合併症予防におたふくかぜワクチンが任意の予防接種として使用されています。感染を防ぐために学校などは休み、腫れが出た時から5日程度たったあと、体調が万全になってから出ましょう。

 

子供の急な発熱時のために用意しておくべきもの

・幼児専用の体温計

大人用の体温計でも計れますが、幼児期専用のものは脇にはさまなくても、おでこで測れたり形状や計る時間なども考慮して作られているので、子供の負担になりにくいんです。大人用は固くて脇にしっかりはさまないと計れないので、赤ちゃんにとっては嫌な感触で泣いてしまうこともあります。

 

・脱水症予防の飲み物

発熱時は汗をかくので水分をこまめに補給しないと脱水症状が起こってしまいます。経口補水液以外にも麦茶やイオン水などもあるといいですね。

 

・加湿器

ウイルスは乾燥した場所で増殖するため、加湿器で湿度を保つのはウイルス対策に効果が期待できます。風邪などで鼻水や鼻詰まりがある場合は、室内がうるおうので息苦しさの解消にも役立ちます。

 

保冷剤

脇の下や首の周りなどを冷やす場合は重宝します。小さめの保冷剤が複数あるといいでしょう。ただし、ジェル状の冷却シートは寝ている間にはがれて移動し、赤ちゃんの口や鼻をふさいでしまう恐れもあるので、取り扱うときは十分に注意が必要です。

 

・解毒剤

解毒剤は大人用ではなく、必ず子供専用か小児科の医師から処方されたものを飲ませましょう。大人用は子供には悪影響を与える可能性があります。使用時は自力で動けない、水分がとれないなど普段の生活に支障がある場合に検討することです。

 

こんな時は病院へ急いで!

これまで発熱時の原因や対処法をお話してきましたが、自力で病院へ行けないのが乳児や子供。パパやママがいち早く異変に気づき病院へ連れて行かなくてはいけません。そこで、こんな症状が出たらすぐに病院へ連れて行った方がいいという症状を紹介します。

 

・生後3ヶ月未満

・38℃以上の熱が急に出た

・2~3日たっても熱が下がらない

・全然元気がない、どこか苦しそう、ぐったりしている

・嘔吐や下痢が続いている

・呼吸がおかしい、顔色が悪い

・意識がもうろうとしている、反応がにぶい、おかしい

・けいれんが5分以上止まらない

こういった症状が見られたときは、至急病院へ連れていきましょう。

 

子供の熱は「助けて」のシグナル

子供の発熱、しかも下がらないときはとても不安になりますよね。原因がわからないのはもちろん、何より子供が苦しそうにしているのを見ているのがつらいです。発熱は一生懸命小さな身体が、何かしらの病原体と戦っている証拠。パパやママはそれに少しでも早く気づき、対処してあげたいもの。

 

言葉が話せない乳幼児などは、発熱とともに泣いてパパとママに「助けて」とシグナルを送っているんです。新米パパとママは特に慌ててしまい、どうしていいかわからなくなってしまうかも知れませんが、こういう症状のときはどんな可能性があるのか?程度でも知っておくと、対処の仕方も変わってくるのではないでしょうか。お子さんを守ってあげてくださいね。