赤ちゃんの夜泣きは愛のメッセージ!?〜その受け取り方と応え方

赤ちゃんの夜泣きに睡眠時間を削られていると思ってしまうママへ

「どうして寝てくれないの?」
「何がしたいの?どうしてほしいの?」
「お願いだからママを寝かせて…。」

もしかしたらあなたは、そんな言葉を赤ちゃんに投げかけているかもしれませんね。

毎日あなたは忙しく育児や家事をこなしているでしょう。

仕事と育児を両立して大変な方もいるでしょう。

シングルマザーとして一生懸命に頑張っている方もいるでしょう。

だから、夜はゆっくり寝たい…そんな思いはまったく悪いわけではありません。
でも夜泣きは、ほとんどの赤ちゃんに起きる自然な出来事です。

赤ちゃんはもちろんママにお話できないので、何かを伝えたいのでしょう。

もしも、さっきのような言葉を大好きなママから聞いたら…。
赤ちゃんは悲しむかもしれないですね。

この記事では、赤ちゃんの「夜泣き」をストレスの原因として捉えるのではなく、赤ちゃんからの「愛のメッセージ」として捉えて、そのメッセージの受け方(意味)と応え方(対応)について、わかりやすくお伝えしていきます。

赤ちゃんの夜泣きは愛のメッセージ

一般的には生後6か月くらいから1歳半くらいの間に赤ちゃんは夜泣きをします。夜泣きの程度や時期は赤ちゃんによってそれぞれです。夜泣きしない子もいれば、2歳を過ぎても夜泣きをする子もいます。だから、夜泣きは赤ちゃんの個性として考えることもできます。

これは当たり前のことですが、赤ちゃんは喋れないので

・おむつがぬれてるの…。
・おなかすいたよ…。
・あついよ…。
・さむいよ…。
・こわいよ…。
・さみしいよ…。

と大好きなママに伝えたいことを「泣く」ことで知らせようとしています。

まさに「愛のメッセージ」ですよね。

先ほどの赤ちゃんの感情は、普段の生活のリズムや昼間に体験したこと、赤ちゃんの体調によってもさまざまです。

ただ…お願いしたいのは、赤ちゃんの夜泣きに、イライラしたり、ため息をつかないで欲しいのです。

当たり前のことですが、赤ちゃんは大好きなママを困らせようとして泣いているわけではありません。自分のことをママに伝えたい…それだけですから。  

赤ちゃんからのメッセージの受け取り方

ここからは、一般的には「夜泣きの意味(原因)」という内容を、赤ちゃんからの「メッセージの受け取り方」と考えて、お伝えしたいと思います。

先ほどのお話の通り、ママに伝えたいメッセージとして赤ちゃんは泣くので、オムツを替えたり、オッパイをあげたりとママはしっかり応えてあげないといけません。

でも、赤ちゃん自身もわけがわからず泣いてしまう場合があります。

それには、「寝るリズムが安定していない」ことや「昼間に体験した刺激的なこと」が影響します。

だからもちろん、ママにも赤ちゃんがなぜ泣いているのか?
分からなくなって、イライラしてしまうのも仕方がないことですよね。

もしも赤ちゃんが生後、4ヶ月くらいまでなら、寝て起きるサイクルを短く繰り返してしまうことがあります。

そして例えば、昼間お客さんが来てびっくりしたり、賑やかなお店で大きな音に嫌な気持ちになったり、もしかすると新しいおもちゃに興奮することもあります。そういった刺激を脳がうまく処理できずに目が覚めてしまうこともあります。

これらは赤ちゃんの成長によるものだと言えますよね。

このように簡単には気がつかないようなことであっても、ママにとってはやはり他と同じく「泣いている」だけに受け取られてしまいます。

赤ちゃんからのメッセージの応え方|3つのコツ

さて、そんな赤ちゃんからの愛のメッセージ「夜泣き」をどのようにしてママは応えたらよいのでしょうか?

もしも、メッセージが赤ちゃんの「今のお願い」だったら、オムツを交換したり、オッパイをあげたり、抱っこしてあげましょう。

そして、なぜ泣いているのか分からない場合は、赤ちゃんの昼夜のリズムが安定するように3つのコツをご紹介しますので、試してみてください。

おやすみのルーティンを決まった時間にして習慣付ける。

これは「入眠儀式」とも言われています。

例えば、

・子守唄や落ち着く音楽やオルゴールを聞かせる
・絵本を読み聞かせる
・1日の振り返りのお話をする

このように決まった時間に、おやすみのきっかけを習慣付けしてあげることで赤ちゃんは自然と眠くなるようになることが多いです。

すぐに効果を期待しないで、「習慣」になるまで、繰り返すことが大事ですね。

昼と夜の過ごし方を変えてみる

・散歩などの外出が多ければ、少なくしてみる。
逆に外出が少なければ、増やしてみる。
・寝る時間が早い場合は、お風呂の時間を遅めにしたり、寝かしつける時間を遅らせてみる。
・お昼寝をほどほどにして、いっぱい遊ばせてみる。

このように昼夜の過ごし方を変えてみて、赤ちゃんに合った昼夜のリズムを見つけてあげましょう。

環境を見直してみる

大人が何気なく過ごしている環境を見直してみましょう。

・つけっぱなしになっているテレビなどを消す。
・部屋の温度や湿度を快適にする。
・パパ、ママが寝る時間が不規則でも、赤ちゃんは決まった時間に寝かせてあげる。
・朝は7時には起こして、朝日の光で「おはよう」を心がける。

このように周りの環境を変えることで、赤ちゃんには少しずつ体内時計ができてきます。

大人の生活リズムに合わせようとすると、赤ちゃんにとってストレスになってしまいます。

日々の忙しさの中…自分が頑張れば、赤ちゃんは「寝てくれる」という期待をあなたが持ちすぎると、寝かしつけられない自分を責めてしまうことにもなりかねません。また大事な愛のメッセージの意味を受け取れなくなってしまいます。

初めての育児、ちゃんとできなくて当たり前。赤ちゃんと一緒に、自分もママとして成長しているんだという「ゆる〜い気持ち」で、赤ちゃんからの愛のメッセージに付き合っていきましょう。

また大人であっても毎日の生活リズムを見直して「よしっ、この子のためにも規則正しい生活を送るよ!」くらいの気持ちで、旦那さんにも協力してもらいながら…愛のメッセージ時期を乗り切ってはいかがでしょうか。  

愛のメッセージまとめ

今回は赤ちゃんの夜泣きは「愛のメッセージ」として考えてみれば、気持ちが少しでも楽になりますよ…。そんな思いでお伝えしてきましたが、いかがだったですか?

夜泣きの辛さは、あなただけじゃないです…。

そして夜泣きは赤ちゃんの個性です…。

赤ちゃんの成長のしるし…。

そして、いつまでも続くものじゃないと考えてあげてくださいね。

夜泣きでママがイライラしたり、落ち込んでしまうと、赤ちゃんにも伝わります。

ママの気持ちが穏やかだと、赤ちゃんの身になって考えられる余裕ができるはずです。

ただし、赤ちゃんの体調の変化や機嫌、何か症状がないか?をちゃんと見てあげてください。夜泣きが病気の可能性もあるので、やはり「愛のセッセージ」は大切だと思えますよね。

もしかしたら、「夜泣きで起こされて仕事に差し支える」なんて…旦那さんが思ってしまっていたとしたら、愛のメッセージの話を教えてあげて、協力をお願いしてみましょう。

赤ちゃんが泣いて気を使うのは、家の外だけにしないとママも疲れてしまいますよね。

たとえ睡眠不足になっても、それが夫婦仲良く「お揃いの睡眠不足」にできたら、夜泣きを乗り越えるもの苦にはならないかもしれません。

赤ちゃんの成長は、ママの成長でもあります。

だったら夜泣きを「辛いこと」と捉えないで、赤ちゃんとのスキンシップだと思って、育児を楽しんじゃいましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です