おむつがなかなか取れない!子供をおむつからスムーズに卒業させる方法とは?

赤ちゃんからの卒業といえばやっぱりおむつが取れること。でもこれがけっこう難しかったりします。我が子のおむつがなかなか取れないと親としては心配になるもの。ではどうやったらオムツからスムーズに卒業できるのでしょうか?

「おむつが取れない」と世間のパパママが悩み始めるのは何歳から?

我が子のおむつがなかなか取れない、とお悩みのパパママは多いでしょう。
でも、それ本当に悩む必要がある年齢なのでしょうか?
まだまだおむつが取れる必要がないのに、勝手に先走って悩んでしまっているだけなのかもしれません。
「おむつが取れない」ということで親が悩み始める子供の年齢に関しての明確なアンケート結果やデータなどはありませんでした。
そこで、育児系サイトのお悩み投稿欄を見てみると「3歳になってもおむつが取れない」という投稿がいくつも見られました。
たしかに、3歳となるとそろそろ保育園や幼稚園に行く準備を始めなければならない年齢です。
もちろんおむつをつけたままで、すでに保育園や幼稚園に通っている子供もいるでしょう。
しかしやはり出来れば保育園や幼稚園に行くまでにおむつは取れておきたいですよね。
どうやら世間一般では3歳になってもおむつが取れないと悩み始めるパパママが多いようです。

おむつを取りたいならまずはトイレに興味を持たせよう

おむつがなかなか取れない子は、言い換えればトイレの存在に気付いていない子。
トイレというものがあり、そこでおしっこやウンチをするものなのだということに気付いてあげさせることが出来れば、おむつ卒業の近道となるのです。
では、どうすれば子供にトイレに興味を持たせることが出来るのでしょうか?

周りの子の様子を見せよう

すでに保育園や幼稚園に通っている子供ならば、園でトイレの時間があるはずです。
そんな時に、先生が他の子供たちがトイレを使う様子をまだおむつを付けている子供たちに見せて、トイレへの興味を掻き立ててくれているはずです。
保育園や幼稚園にまだ通っていない子供であれば、周りの遊び友達の中ですでにトイレに行くこと出来る子がトイレを使う様子を積極的に見せるようにしましょう。
年上の子供などもいるはずですから、いいお手本はたくさんいるはずです。
周りの子を見ているうちに興味を持ち、自分もトイレが出来るようになったという子は多いようです。
さらに、ただ見せるだけでなく、出来なくてもいいので真似てトイレに座るようにさせるという方法も効果的なようです。

お気に入りのパンツを見つけさせよう

おむつとパンツは明らかに履き心地が違います。
子供でも3歳くらいになると、おむつを履いていればおしっこウンチをしてもいいけど、そうでない時はしてはいけない、となんとなく気付いています。
おむつに頼っている子供はおむつを履いていないと不安になるもの。
そういう子はいつまでたってもおむつを履きたがります。
そこであえておむつを履かないという機会を作るのです。
そんな時に有効になるのが、お気に入りのパンツを見つけさせるというもの。
お気に入りのパンツを履きたがるようになればしめたもの。
「今、どんなパンツ履いてたっけ?パンツはトイレに行けば見ることが出来るよ」と教えてあげれば、お気に入りのパンツ見たさにトイレに入ってくれるようになります。
そして、トイレに入ったらおしっこやウンチをするというように習慣づける。
時間はかかるかもしれませんが焦りは禁物。
習慣がつくまで親も一緒に頑張りましょう。

トイレがテーマの絵本を読んであげよう

トイレに興味を持たせる方法として、トイレがテーマの絵本を読んであげるというのも有効な方法の一つです。
実際、トイレトレーニングの補助のために、小さな子供向けにトイレをテーマにした絵本はたくさん出ています。
そのための絵本であれば、子供がトイレを身近に感じられる様な作りになっていますので、絵本が好きな子供であれば自然とトイレに興味を持ってくれるはずです。
中にはスイッチを押すと用を足す音や水が流れる音がする絵本もあるようです。
子供の興味を引く工夫がたくさんなされていますので、ぜひ一度試してみてください。

おむつを卒業するための有効なトイレトレーニングはこれ!

おむつがまだ取れていない子供がトイレに興味を持ってくれれば、後はトイレトレーニングを繰り返すだけ。
しかし、トイレトレーニングといってもさまざまな種類があります。
そんな中で比較的有効であるとされている方法を3つご紹介します。

子供のペースに合わせよう

1人目の子供でパパママも新米ならば、「早くトイレを覚えさせなきゃ」と気持ちも焦りがちになるもの。
でも、トイレをするのはあくまでも子ども自身。
パパママのはやる気持ちは分りますが、そこはぐっとこらえてあくまでも子供のペースに合わせましょう。
また、子供がおむつを履きたがれば無理せず履かせるようにすることが大切です。
何よりも子供がスムーズに行動できることが大事です。
子供のペースに合わせていれば遠回りしているように感じてしまうかもしれませんが、それが結果として早いおむつ卒業につながるのです。

トイレを子供の好きな空間に変えよう

トイレが出来るかどうかはひとまず置いておいて、子供が行きたがる空間にトイレを作り変えましょう。
100円ショップなどで売っている壁紙やステッカーを使って、例えば乗り物が好きな子供ならばたくさんの乗り物を壁中にあしらってあげれば、子供は何度でもトイレに行きたがるようになります。
トイレが出来るようになるその前の一歩として、トイレを好きになってもらう。
そうすればいつしか、便器などに対しても「これは何?」と興味を持ってくれるようになります。
何度もトイレに通っているうちに、トイレとは何の場所なのかを学んでくれるはずです。

トイレに誘う時間を決めよう

少しずつトイレを使い始めるようになっても、「おしっこ!」と子供が言ってから連れていっても間に合わないというケースも少なからず発生します。
そんなケースを未然に防ぐため、子供が「おしっこ!」といってからトイレに行くのではなく、あらかじめトイレに行くタイミングを毎日決めておきましょう。
行くタイミングももちろん子供ファーストで決めてあげます。
一例を挙げれば、「起床後」、「朝食後」、「昼食後」、「おでかけ前」といったように、子供にとっても体で覚えやすいタイミングを決めてあげればなお良いでしょう。
きっちりタイミングを決めてもパパママが忙しくて対応できない、というようなケースもあるでしょう。
そういう場合は、子供の行動の区切りごとに声をかけるようにしてみてあげてください。
例えば、「食事が終わったら」、「遊びが終わったら」というタイミングで声をかけるようにするのです。
これならば、パパママも自分のタイミングとあわせることも可能なはずです。
いずれにしても、何かのきっかけで必ずトイレに行く癖をつけるようにしてあげてください。

まとめ

おむつが取れないと親としては心配になるものですが、いつかは必ず取れるもの。
試行錯誤の繰り返しや時間がかかってしまうかもしれませんが、それも子供の成長の証。
自分でしっかりとトイレに行ってくれるようになった時の喜びは、苦労が多ければその分大きいもの。
苦労したトイレトレーニングもいつかきっと良い思い出として振り返れるはずです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です