本当に子どもの英語教育は意味があるの?

今日では当たり前になりつつある英語教育。周りのお子さんが英会話スクールに通っているのを聞いて、「自分の子どもも通わせた方がいいのかな?」と悩まれている方も多いと思います。

 

しかし「小さい頃からの英語教育は本当に意味があるのかな?」と思われている方も多い事も事実だと思います。

 

今回はそんなみなさんが実際は何が正解なんだろうと思っている子どもの英語教育の必要性について解説していこうと思います。

 

日々大切さが増している日本の英語教育

最近では大学入試も従来のどちらかといえば、読み取る力を中心としたセンター試験からTOEICなどを利用する実践的な力を必要とするテストへ変更されようとしています。

 

また2020年から小学校でも小学3年生から英語が必修となり、小学5年生からは国語や算数などと同じようにテストも行われます。ここまでくると、日本政府自体が英語教育に対して、従来と大きく考え方を変えてきている事が伺えます。

 

このように、より英語教育が早い段階がスタートし始めたり、大学試の方式が変更されたりし始めると、親の気持ちとしては「周りに置いて行かれるのは子どもが可愛そう」、「自分自身、英語が苦手だったため、子どもが自分と同じように苦手にはなってほしくない!」と焦ってくる方も多いのではないでしょうか。

 

英語は日本語と文法が違うことから、言語習得には2400時間の英語勉強が必要だと言われています。これだけを聞くと、大きくなってからではやっぱり遅いのではないか?やっぱり早い段階から英語に触れさせておかなければならないのだと考えてしまうでしょう。

 

しかし、だからと言って、幼い段階から英語教育が本当に必要なのかと言われると素直に賛成はできません。私は外国語学部の大学を卒業しました。もちろん帰国子女の生徒は多かったですが、子どもの頃から英会話スクールに通っていた生徒はあまりいませんでした。

小学生の頃に英会話スクールに通っている友達はいましたが、だからと言って中学に進んだ時に、英語のテストの点が良かったかと言われると、これまたそこまで良い点ではありませんでした。

 

英会話スクールに通う子どもも帰国子女の子どもと同じように、小さい頃から英語に触れているはずです。ではなぜこのようながついてしまうのでしょう?

 

早期教育の根源…臨界期について

みなさんは臨界期という言葉はご存知でしょうか?臨界期とは、ある年齢を過ぎると母語の習得が困難になるという説の事であり、主に7歳頃までであれば、何語であっても習得できると考えられている学説です。この説を信じるのであれば、7歳までに言語習得が決まってしまいます。

 

しかしこの説が完璧で、子どもが7歳までに英語を学んでおけば、英語が話せる子どもになっているはずですが、実際はどうでしょう?

 

もしこれが本当であれば、今頃ほとんどの子どもが英語を話せていることになります。

しかし実際はどうでしょうか?英語を話せる事もがまわりにたくさんいるでしょうか。

いないですよね?

 

実際は英語の発音で、「LとRの違い」を習得するような場合、この臨界期は役立つとされていますが、完璧な言語習得には、ここ日本では関係はないことが事実です。

 

臨界期は確かに存在しますが、確実に英語話者になるために必須条件ではありません。

 

どうすれば英語を習得できる?脳の働きから解説!

1つの例を説明します。英語圏で生活していた子どもが小学1年生の弟と3年生の兄が、日本にやってきた時の事です。

もちろん2人とも英語はペラペラです。しかしここから日本で暮らし続けていく中で、年上の兄は、英語を話す事ができる状態のままでしたが、年下の弟は話せなくなってしまいました。

 

なぜこのような事が起こってしまったのでしょうか?ここから分かる事を解説します。結論から説明すると、原因は脳の仕組みが関係しています。

 

まず脳には右脳と左脳が存在しています。右脳は主にイメージを司り、左脳は言語を司っています。また子どもは小さい頃は、右脳を中心に働かせており、大きくなるにつれて左脳を使い出し、長期記憶に使われるのも左脳だと考えられています。

 

この事から先ほどの兄弟に当てはめてみると、弟は右脳を使い英語を話していたのに対し、兄は左脳を使い英語を話していた事になります。

 

弟はまだ英語を理解する前に、日本に来てしまったため、次第に忘れていってしまったと言えます。

 

母語として確実に言語を習得している状態になるためには、左脳で処理ができる状態になっておく必要があります。

 

左脳で言語として英語を習得するためには、右脳を使って音としてイメージで習得している英語を、文字に置き換えて左脳で習得する必要があります。

では英語を文字で理解するためには、何が必要なのでしょうか?それは英語に対する読解力を身につける事が必要です。

 

ここから分かるように、いくら幼少期から英語教育をしていたとしても、イメージを言語として習得させる事が出来るような英語教育をしなければ、意味がありません。

 

ではどのような教育が英語教育には最適なのでしょうか?

 

幼い頃に最適な英語教育とは?

理解力と聞いて、早い段階から中学生から習うような英語教育をしていけば良いのではないか、と考えがちですが、決してそうではありません。私たちが、試験などで利用している英語は、読解力を使っているものではなく、単なる翻訳する力を使っているだけだからです。

 

翻訳する力を学んでいるだけなので、英語を日本語に訳す事はできるようにはなったとしても、英語を話す事ができるようにはならないのはこれが原因です。

ではどうすれば、本当に読解力を鍛える事ができるのでしょうか?

一番良い方法は、絵本の読み聞かせや、映像教材です。

絵本や映像教材は、イメージとして英語を習得する事ができるのと同時に、文字としての英語を学ぶ事もできます。

大切なのは、英会話教室に通わせている時間だけではなく、日常的に家庭の中でも英語に触れさせてあげる環境作りなのです。

例えば単に学校に通わせているだけで、家庭の中で宿題などをしなければ、普通の勉強であっても習得できないですよね?

 

それは英会話習得も同じです。どれだけ早い段階から英会話スクールに通っていたとしても、家庭内でも英語に触れていなければ、習得は難しいのです。

 

ましてはフラッシュ暗記に様な、カードで単語を覚えさせるような英会話スクールに通わせていると、逆に英語嫌いになってしまっては元も子もありません。

子どもは真似て学んでいく事が1番最速最強の学習方法です。

英語教育であっても、英会話スクールに通わせるだけのように、やらしっぱなしにするのではなく、子どもと一緒に親も関わっていく事が大切です。

ゆっくり焦らずに、英語に触れさせてあげましょう。

 

まとめ

自分が苦手だから子どもには英語ができるようになってほしい、だからと言って子ども1人に任せていてはいけません。

 

確かに臨界期を信じて、早い段階からの英語学習も大切です。しかしやらせるだけでは意味はありません。それでは子どもが可愛そうです。英語だからといって他の勉強とは違うと特別扱いするのではなく、子どもと一緒に勉強をし直すくらいの気持ちで英語教育に取り組んでみるくらいの心意気が大切です。みなさんの英語への気持ちが少しでも前に向ける事が出来ていれば幸いです。

 

ここまでお読み頂きありがとうございます。私の知識が少しでもみなさんの役に立てていれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です