育児と仕事の両立に関するポイント

小さな子どもがいて働くお母さんにとっては、子育てと仕事を両立することは体も心も非常に消耗する活動です。

 

自分が思っていることが思っているようにできずに時間がかかりすぎることや、子どもは物ではないので考えているように言うことを聞いてくれないことも多くあります。

そこで、働くお母さんにちょっとしたアドバイスをすることで、育児と仕事を上手に両立していただこうと考えています。

 

 

国の子育て支援制度をフルに活用する

育児と仕事の両立には、必ず周りからの支援が必要になります。母一人や父母のみで小さな子どもを育てて行くと言うのは、いくら経済的に豊かな日本でも、非常に負担がかかります。

 

そのようなことを我慢して実行しようとすれば、育児ノイローゼや鬱など自分自身の健康も損なう原因になりかねません。

 

そこで、考えるのは誰かに助けてもらうということです。まずは、国の制度を使って育児を効率的に行うということを考えて見てはどうでしょうか。国には、共働きを手助けする制度が準備されています。

 

それらを使わない手はありません。私たちは、皆平等に税金を納めているのですから、国の制度を使う権利を有しているのです。

 

具体的に言えば、育児休業や短時間業務、時間外労働の制限や最近では、ある理由がある場合は子供が2歳になるまで育児休暇を取得できるようになりました。

 

この制度は非常にありがたい制度ではないでしょうか。子どもが小さい時間というのは限られていますし、手がかかる期間というのは非常に早く過ぎていきます。そのような貴重な時間を休むことで子育てに専念することができます。

 

キャリアに関しては一時的な停止という状況になりますが、仕事が人生の全てではありません。そこは子どものためにしっかり休暇をいただいて、子育てをするべきです。

 

この制度はお母さんのものだけではなく、父親にも全てが同じではないですが、同じような制度を使う権利があります。フルタイムで仕事をしている方はぜひこのような制度を活用してはどうでしょうか。

 

 

夫や両親のサポートを計画的に使う

国の制度を使うことが出来ると言ってもそれは期間限定で子どもが成人するまでの間利用できるということではありません。やはり親族のサポートは必要になってきます。

 

旦那さんが一家の大黒柱であることが多い日本の家庭ですが、それは会社の制度や仕事に一旦見切りを付けてもらって育児を手伝ってもらうことは必ずいるサポートになります。

 

お風呂に入れてもらうとか、ご飯を食べさせるとか、朝の準備を一緒にやるといったことは仕事の役割分担と同じような感覚で計画をしてしまうということが大切です。

 

男だから飲み会が多いとか、仕事が重要でなかなか早く帰れないというのは育児をやる上で理由になりません。

 

そこの承認があっての出産、育児ですから夫にも育児は必ずやってもらいましょう。しかしそれでも万全な体制ではないと思うのであれば、両親の協力も必要です。

 

実家が近所にある場合は、保育園や幼稚園の送り向かいや食事の準備や寝るまでの相手などを期間限定でお願いするということも一つの手ではないでしょうか。

 

さらに父母ともに仕事が忙しく、子どもの面倒があまり見ることができないという方にはベビーシッターもあるのでお金が許すのであればそのような方にも育児をお願いして、仕事と育児の両立を図るのも良いのではないでしょうか。

 

子どもが成人するまでお願いするわけではないので、期間を区切って様々な方から支援してもらうことは悪いことではないのです。

 

育児の仕事を両立させる手法

まずは、フルタイムやパートタイムで働くお母さんに守って欲しいのは、予定をぎっしり詰め込まないということです。

育児があり、仕事があるので一回で多くのタスクを終了させたいという気持ちは痛いほどよくわかりますが、それをやってしまうと結局どれも終わらなかったといった状態や全てが出来ないということが起きることがあります。

 

そのようなことが起きてしまえばそれを今度は取り返そうと躍起になってしまいまた同じことの繰り返しという方を多く見かけます。

悪循環の始まりです。そうならないためにも時間の空白を多く作りゆとりがある時間を心がけて物事を進めていってください。

人間が本当に集中できる時間は、15・30・45・60分と全て15分刻みだそうです。小学校の授業がなぜ45分なのかという理由はこういったところにあるのです。

このようなことを考えれば人間はそんなに長くは集中できないし、作業の途中には必ず休憩を入れないとミスが多くなるという研究結果もあるぐらいです。

そのため予定には多くの空白時間と休憩時間を作り出してゆとりある予定を作って作業をこなすようにしてください。

 

家事の効率化

育児を行う代行でベビーシッターを雇うという話をしましたが、家事代行というサービスも近年発達しています。

食器洗いや洗濯、掃除から料理の作成までいつも自身が通常行なっている作業を代行してくれるサービスです。

時間や日数などで金額が変動しますが、仕事で忙しい合間に作業を進めていてくれるので、まるで実家にいるような状況で子育てを安心して行うことができます。

 

 

そのようなサービスを使うというのも家事の効率化になるのではないでしょうか。

さらに最近では、AIやIoTなどの人工知能や機械の発達で家電が非常に進化しています。

 

ロボット掃除機や食洗機、さらにはオーブンや炊飯ジャーなどほっおっておいても掃除をしてくれるものや、材料を切っておいて道具に入れば出来上がりの火加減や美味しさを調整してくれる機能が付いているため出来上がりを食べるのみの家電も続々と販売されています。

 

このような家電を使うことで家事の効率化や時短で育児と仕事の両立も捗るのではないでしょうか。

そのほかには、最近では、アマゾンやネットで買い物ができるようになってきています。インターネット上で好きな食材や調味料を選ぶだけで注文ができ、家の玄関まで運んでくれるというサービスが非常に発達しています。

 

子どものミルクやオムツ、おもちゃまでもインターネットで帰る時代なのでそれを利用しない手はありません。

これは、時間の短縮にも繋がりますし何よりも育児をしながら買い物ができるというメリットは最高のメリットではないでしょうか。

このような便利なサービスを利用して、育児と仕事の両立を行うことで時間を有意義に使うことが出来ると考えられます。

 

時間の活用方法を考える


先ほども書きましたが、子どもが小さい時間というのは非常に短い時間です。

子どもが大きくなって一緒にお酒を飲むという時間も非常に幸せな時間でしょうが、育児をやりながら仕事も頑張るというのは、人生の中で少ない時間であり、とても貴重な時間です。

 

そこでのやりくりや知恵、様々な努力は人間を成長させる糧になります。時間がないから出来ないとか、協力がないから育児が出来ないといって子どもの面倒を見るのを嫌と感じるのは成長を止めるのと同じような気がします。

 

その環境で何が出来るかということを綿密に考えてそれに工夫を加えながら育児と仕事を両立していってはどうでしょうか。

昔と違って現在は様々な支援制度やサービス、協力体制が整っています。

苦しい時期や辛い時期はあると思いますが、今まで書いたようなものを使って元気に乗り越えて欲しいと考えています。働くお母さん頑張ってください!!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です