早ければ早いほどいいの?幼児教育

小学校就学前のお子さんがいらっしゃるご家庭では、いつから、どのような形で「幼児教育」に取り組むか迷っている方も多いと思います。

本記事では、「幼児教育」とは何か、メリットやデメリットを解説していきます。

未就学児の教育で悩まれている方は、参考にしてみてください。

 

メニュー

1.「幼児教育」って何?

2.「知育」について

3.「早期教育」について

4.  まとめ

 

 

1.「幼児教育」って何?

 

「幼児教育」とは、小学校就学前の幼児を対象にする教育のことで、知的教育だけでなく広く生活全般を通じてその発達を助長する教育でのことを言います。

広く分けると、

①子どもの知能や知力を伸ばす教育である「知育」 

②文字や数、外国語などを教える「学習」 

③音楽、スポーツなどの教育を行う「習い事」

があげられます。

 

この中で「学習」と「習い事」を幼児の頃から行うことを、「早期教育」と言います。

 

 

2.「知育」について

 

「知育」とは、「学習」とは異なり、思考力や記憶力、判断力、発想力、想像力といった「知的能力」を育てる教育です。

例えば、お友達とのかかわり方など「想像力」や「判断力」を育てるなども「知育」に含まれ、ただ「学習」ができるだけではなく、生きていくうえで「自ら考える力」を養う教育です。

「知育」は、他の子と競わせたり強制するのではなく、楽しく行うのが望ましいとされています。

 

「知育」の方法

 

「知育」の方法としては、知的玩具やアプリ、お菓子などの道具を使うこと、または知育教室に通わせるなどがあげられます。

 

・知的玩具

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知育玩具とは、積み木やブロック、パズル、絵本など、子どもの興味を広げたり、考えや表現を育んだりすることを目的とした玩具のことを言います。

玩具は様々なものがありますが、月齢に合わせたものを、子どもの成長に合わせながら選んであげるといいでしょう。

絵本は特に、親と子どものコミュニケーションを育てることにも役立ちます。

その他の玩具も、月齢別に分かれているものが多いので、子どもの興味に合わせて試してみましょう。

「レゴブロック」で遊ぶのが好き、絵本を読むのが好き…など月齢が上がるにつれて、それぞれの子の興味が強い玩具の傾向が出てくるはずです。

 

・アプリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

また、スマートフォンやタブレットでも「知育」に役立つアプリがたくさんあります。

例えば、ドコモのサービスである「dキッズ」では、ベネッセやポプラ社など、大手教育系出版企業の知育アプリを提供しています。

その中には、大学教授が監修している本格的なものもあります。

(参照:https://kids.dmkt-sp.jp/pc/app/appli_intro)

それぞれ月齢別で分かれており、また「右脳を育てたい」「知育を試したい」などと目的に分かれているものもあります。

 

電車の中や、病院の待合室など、静かにしていなければならない場所でも役に立ちますよね。

 

・お菓子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作ることと食べることを両方楽しめる「知育菓子」という、楽しみながら学べる商品もあります。

例えば、発売から30年という歴史の長い「ねるねるねるね」や、電子レンジを使ってクレープを作る「ホッピンクッキン クレープやさん」など、スーパーやネットショップで気軽に買えるさまざまなお菓子があります。

クレープやさんなどは、お料理に興味を持つきっかけにもなりそうですよね。

 

・知育教室

また、家庭で行う「知育」のほかにも、全国では様々な「知育教室」があります。

例えば、学習塾が運営している「チャイルド・アイズ」(https://www.childeyes.jp/chiiku/)や、他に0歳児から学べる教室もあります。

教室で先生や他のお子さんと過ごすことで、また違う学びがあったり、お母さんにとっても気分転換にもなるかもしれませんね。

お母さんと一緒にできる無料レッスンなどを行っている教室もあるので、気になったらまず体験してみましょう。

 

 

年齢別の「知育」のポイント

 

年齢によって、重視すべき「知育」のポイントが異なります。

それでは、それぞれの年齢でどのような「知育」をすればよいのでしょうか。

 

1.【0~1歳児】五感を使う遊び

まだ生まれたばかりの赤ちゃんは、「見る」「聞く」「触る」など五感を刺激することで、急激に成長している脳の発達を促すことが大切です。

ママやパパが話しかけてあげる、絵本を読み聞かせてあげるなど、まずコミュニケーションをとることから始めてみましょう。

 

2.【2~3歳児】指先を使う遊び

この時期は、指先を使う遊びでたくさん脳に刺激を与えてあげましょう。自分で指先を使うことによって、お箸やハサミなど道具を使うようになってからも役に立ちます。

例えば、積み木やパズル、ビーズの紐通しをするなど、身近な道具やおもちゃを自分で組み立てたりしてみましょう。

次第に集中力も身に付いてきます。

 

3.【4~5歳児】ものを作る遊びやコミュニケーション能力を養う

少し指を使うことに慣れてきたところで、ブロックや折り紙などより高度な遊びもしてみましょう。

ものを作ることが好きな子だと、設計図を見てブロックを組み立てられるようになったりもします。

想像以上に立派なものを作ったりすることに、驚くこともあるでしょう。

また、お友達や親子で「ごっこ遊び」をするなど、コミュニケーション能力を養うこともこの時期には大切です。こうした遊びによって、それぞれの役割を身に着けることができます。

 

 

3.「早期教育」について
「早期教育」とは、読み書きや算数などいわゆる「学習」と言われるものや、スポーツや音楽などの習い事を幼児から行う教育のことです。
現在、小学校入学前の子どもでひらがなを読める子が9割近く、ひらがな・カタカナが全て読めて書けていた子は45%ほどと言われており、親世代が幼児だったころと比べ、早期の学習が進んでいるのがわかります。
また、スポーツや音楽などの習い事も、幼児期から力を入れている家庭が多くなっています。
「早期学習」のメリット
「早期学習」のメリットとして、以下のことが挙げられます。
まず、早期から学習させることで、脳の活性化につながり学力が高い子が育つとする学者やアメリカの調査などがあります。
(参照:https://toyokeizai.net/articles/-/73546ジェームズ・J・ヘックマン : シカゴ大学教授 )
また、学習を習慣化することで忍耐力がついたり、学習を先取りすることで自分の自信にもつながります。
「早期学習」のデメリット
しかし最近指摘されることが多いのが、「早期学習」のデメリットのほうです。
幼児などの小さい子どもは、遊びを通して色々なことを学び、それが脳の発達にもつながっていることが多いです。
例えば、「この時期には、この場所にはどんな虫や植物がいるのだろう…」と実際見てみたり、触ってみたりすることで五感が刺激されます。
また、その後学習する小学校の教科書に載っていることも、単なる知識ではなく、実際の体験として色鮮やかによみがえってくることもあるでしょう。
しかし、机に向かって学習する時間が増えるにつれ、このように遊びを通して学ぶ時間が無くなってしまい、実体験ではなくつめこみの教育になってしまうと指摘されています。
また、小さいころから親に学習を強制され自主性がなくなってしまったり、プレッシャーなどでつぶれてしまったりする子どもも多いそうです。
このことからも、「早期学習」は過度になりすぎないように、適度に先取りしてあげるくらいが幼児期の子どもには負担になりすぎないのかもしれません。
まとめ
いかがでしたでしょうか。
時代が進むにつれ、親の教育に対する意識も高まり、子どもも早期から学習を始める傾向が強くなってきましたが、実体験を通じて五感から学ぶことも幼少期には大切です。
子どもの教育で悩まれている方は、幼児教育のそれぞれのメリット・デメリットをふまえ、お子さんに合ったスタイルで「幼児教育」に取り組めたらいいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です