スマホ育児ってほんとにNGなの?

「スマホ育児」

私も子どもにスマホやタブレットを見せてしまう親の一人なのですが、

この言葉を聞くとなぜか罪悪感というか、何とかしないとという焦りを感じる方も少なくないのではないでしょうか…

そこで、「スマホ育児」によって子どもにどんな悪影響があるのか、スマホを子どもから取り上げてしまったほうがいいのか、など、育児の中でのスマホとの向き合い方を考えていきたいと思います。

 

メニュー

1.「スマホ育児」の弊害

2.「スマホ育児」の必要性やメリット

3.どうやってスマホと向き合えばいいの?

4.まとめ

 

 

1.「スマホ育児」の弊害

 

まず、「スマホ育児」が子どもに悪影響を与えるとされているのは、以下のような点が挙げられます。

 

・依存性

・有害情報に触れてしまう

・一方的に情報が入ってくる

・目や脳など、身体に対する影響

 

 

依存性

 

「スマホ育児」の問題点として、最も多く指摘されている点の一つはスマホに対する子どもの「依存性」です。

 

スマホを育児に使っているお母さんたちも、最初は電車で泣き止まなかった時だけ、ご飯を作っているときだけ、と限定してスマホを与えていたと思います。

それが、だんだん子どもが成長するにつれ、子どものほうからスマホを見たいというようになったり、スマホを見るのをやめさせようとしたら嫌がったりと、徐々子どもがスマホに執着してしまうことが多くなっていきがちです。

 

 

こうした「スマホ依存」が進むにつれ、読書をしたり、おもちゃで遊んだり、家族と話したりという時間が少なくなってしまい、他の遊びや他者と触れ合う機会が減ってしまうと危惧されています。

 

有害情報に触れてしまう
また、最近はYouTubeなどでは、子ども向けの動画を装って実際は暴力的な描写や性的な描写が含まれているという悪質なものがあるといいます。
うちの場合は、まだ子どもの見る動画が限定されているため、今のところそうした悪質な動画に遭遇したことはありません。
ただ、息子はYouTubeで大好きな消防車関連の動画を見ることが多いのですが、その関連動画としておすすめされているものから、実際の事故の場面が移された動画が始まってしまったりしたことがあり、慌てて消したこともあります。
また、小学生以上の子どもだと、SNSなどで同級生を中傷する記事が書かれたりという、本人を直接傷つけるような場面にも遭遇する可能性もあります。
実際、最近ではそれが自殺につながってしまったケースもありました。
一方的に情報が入ってくる
スマホやタブレットには学習アプリのような、子どもが自ら考え頭や手をはたらかせることができるツールもありますが、YouTubeなどの動画は、一方的に映像情報が入ってきます。
これによって、子どもが実体験したり、他者と実際にコミュニケーションする機会が奪われてしまうと言われています。
私の子どもの保育園でも、「スマホ育児をやめましょう」といった内容のプリントが配られたことがあり、その中には子どもが実体験する機会を失ってしまうと指摘されていました。
確かに、実際に外で遊んだり、ブロックを自分で組み立てたり、視覚・聴覚以外のさまざまな体の機能を使って体験したことよりも、映像情報による体験はごく限定的で一方的と言えます。
また、絵本を読むなどと異なり、本を読みながらその情景を頭の中で思い浮かべるなどといった、「想像力」をはたらかせる機会も減ってしまうともいえるでしょう。
目や脳など、身体に対する影響
長時間液晶の画面を見ていることで、目が悪くなってしまうなど体に対する影響も挙げられます。
特に、タブレットやテレビよりもスマホの画面は小さいので、長時間みていると子どもの目が悪くなってしまうリスクが大きくなります。
またゲームなどの、目がちかちかするような激しい映像や、大人でも画面を見ていると酔ってしまいそうな映像は、子どもの成長過程の脳にも刺激が強すぎるといえます。
2「スマホ育児」の必要性やメリット
それでも「スマホ育児」が必要であるとされている理由や、そのメリットとはどのようなものがあるでしょうか。
・電車や公共の場所で子どもを静かにさせることができる
・家事をしているときに、子どもがスマホに集中してくれることで負担が減る
・知識の幅を広げることができる
電車や公共の場所で子どもを静かにさせることができる
都心などでは特に、子どもが小さくても、電車などの公共交通機関で移動しなければならないことが多いと思います。
また、子連れで病院に行かなければいけないときなど、他の患者さんがいる待合室で子どもが泣き出したり、ふざけまわったりして冷や冷やすることもありますよね…
そこで、スマホでYouTubeを見せたり知育アプリなどをさせたりすると、大抵子どもは落ち着いて集中することができることから、そうした場では欠かせなくなってしまっているお母さんも多いのではないでしょうか。
ただ、シニア世代など、逆に子どもにスマホを与えていることに否定的な人も多いので、スマホを見せていることで避難されてしまうこともありますよね。
家事をしているときに、子どもがスマホに集中してくれることで負担が減る
ご飯を作ったり、洗濯物を干したりなど、家事をしているときに子どもが泣いてしまったり、かまってほしいと騒ぎだしたりしてなかなか家事が進まないことも多いですよね。
私も経験があるのですが、乳児など特に小さい子どもをあやしながらご飯を作ったり、洗濯をしたりすることは想像以上に大変です。
そのような時に、子どもがスマホに集中していてくれると、その間に一気に家事を片付けることができ、その分終わってから落ち着いて子どもと向き合えるというメリットもあります。
知識の幅を広げることができる
どうしても、家事や仕事と慌ただしい毎日の中、子どもにいろいろな本を読んであげたり、外へのお出かけなどに十分な時間を使ってあげられないご家庭も多いと思います。
そのような中で、子どもがスマホを通じて、様々な知識を得ることができるというメリットもあります。
例えば、興味のある分野についてYouTubeなどで知識を深めたり、知育アプリで自然と英語や算数ができるようになるお子さんもたくさんいることでしょう。
私の子どもも、まだ未就学児ですが、実験動画が好きで小学生の理科に当たるようなことを教えてくれたり、知育アプリでネイティブのような英語を話すようになったりと、驚かされることもあります。
実際、こうしたアプリで将来的に英語が得意科目になったりするお子さんもいらっしゃるそうです。

3.どうやってスマホと向き合えばいいの?

 

それでは、こうした「スマホ育児」が有する弊害をふまえて、育児の中でどのようにスマホと向き合っていけばよいでしょうか。

 

・時間を決める

・スマホを与えっぱなしにするのではなく、親も一緒に参加する

・フィルタリングをかけたり、用途を決める

 

 時間を決める
子どもがスマホに依存しすぎるのを避けるためにも、スマホに触れられる時間を制限して使わせてあげるということは大切なことです。
たとえば、キッチンタイマーや、スマホやタブレットに備えられている利用時間を制限できる機能を使って、1回何分までと利用時間を制限してみましょう。
]
子どもがスマホに触れたくなりすぎないように、お母さんなど周りの大人がスマホに触れる時間を減らすことも重要です。
 スマホを与えっぱなしにするのではなく、親も一緒に参加する
「スマホ育児」によくあることだと、親が子どもにスマホを与えっぱなしになってしまうことが挙げられます。
そこで、お母さんお父さんも子どもが知育アプリをやっているところに参加してみたり、子どものお気に入りの動画を一緒に観たりすることで、スマホを親と子のコミュニケーションのツールにすることもできます。
私も、スマホに集中するわが子の背中が時々さみしそうに見えることがあるので「一緒に参加すること」、ぜひ心がけたいと思います。
 フィルタリングをかけたり、用途を決める
ネットにあふれる有害情報から子供を守るためにも、フィルタリングをかけたり使う目的を制限するなど工夫をすることは大切です。
例えば、YouTubeでは、『YouTube設定 > 全般 > 制限付きモードをオン』で成人向けコンテンツをブロックできます。
また、携帯電話会社が提供するフィルタリングサービスや、アプリなどもあります。

4.まとめ

 

いかがでしたでしょうか。

現代ではネット社会が進んでおり、今後もこの傾向は強くなっていくことでしょう。

 

また、核家族化や共働きで育児がワンオペになってしまい、育児に対するお母さんもしくはお父さんの負担は確実に大きくなっています。

 

こうした中で、スマホやタブレットを全く使わない育児というのは、やはり無理があるというのが現実です。

 

また、子どもの頃にストイックに制限しすぎると、大きくなってからその反動が起きる可能性もあります。

 

ただ、スマホに育児を任せっぱなしにするのではなく、

お母さんお父さんが育児が負担になりすぎないように、毎日笑顔で過ごせるために、スマホとうまく付き合えるように工夫できるといいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です