せっかく作っても食べない!赤ちゃんが離乳食を嫌がる理由と対処方法

「離乳食をあげるとそっぽを向く」

「離乳食を食べさせると泣いて嫌がる」

「嫌がりながらも食べるけど量が少ない」

など、せっかく作った離乳食を赤ちゃんが嫌がって食べない…と悩んでいませんか?

この記事では、赤ちゃんが離乳食を嫌がる理由と対処方法について解説しています。結論から言うと、離乳食は食べる練習期間なので焦らなくても大丈夫です。ほとんどの赤ちゃんが経験することなので深く悩まないでくださいね。

 

赤ちゃんが離乳食を嫌がる理由・原因

赤ちゃんが離乳食を嫌がる理由・原因はさまざまですが、下記が一般的な例です。また、離乳食初期・中期・後期など月齢別で原因・理由が異なる場合もあります。

  • 舌の動きがついていかない
  • 母乳やミルクで満腹状態
  • スプーンが苦手
  • 離乳食の温度・におい・味・食感が苦手

舌の動きがついていかない

実は離乳食を始めるころ(5~6か月)の赤ちゃんは、舌を前後にしか動かすことができません。そのため、離乳食が口の中に入ってきてもうまくモグモグできず、舌で押し出して吐き出してしまうことがあります。

母乳やミルクで満腹状態

すでに母乳やミルクでお腹がいっぱいだと、離乳食をあげても食べてくれないことがあります。満腹で食事の気分じゃないのでいくら離乳食を与えようとしても嫌がってしまいます。

スプーンが苦手

これまで乳首で飲んでいた母乳やミルクとは違って、スプーンは硬くて無機質なものです。口に入れたとたん異物と感じて本能的に受け付けず、結果として離乳食を嫌がる原因になってしまいます。

離乳食の温度・におい・味・食感が苦手

離乳食の温度・におい・味・食感が苦手で嫌がるケースもあります。赤ちゃんだけでなく、大人にも嫌いな食べ物はありますよね。調理法や食材を変えてみると改善することが多いです。

離乳食初期(5~6か月)

はじめての離乳食でとまどいがあります。口に入ってくる食材の味・においに敏感になり、無意識に抵抗してしまう赤ちゃんもいます。これまで味わったことのない物が入ってくるので違和感を覚えているかもしれません。

離乳食中期(7~8か月)

離乳食に慣れてきたものの、時々嫌がって食べない場合は、食べづらい・味やにおいが苦手など赤ちゃんなりに主張している可能性があります。

裏ごししてあげていた食材をみじん切りにしたことで食べなくなる赤ちゃんもいます。離乳食初期と同じように、戸惑いを感じていることが多いです。

離乳食後期(9~11か月)

食べられる離乳食の種類・バリエーションも増えてくる時期。自分でなんでもやりたいというイヤイヤ期の可能性があります。この場合は、ママに食べさせてもらうのではなく、自分の手で食べたいという主張があらわれています。

 

離乳食を嫌がらないようにする3つの対処方法

  • 離乳食の時間までにおなかがすくようにする
  • 温度チェックまたは調理法や食材を変える
  • 練習する

離乳食を嫌がらずに食べてもらうためには、上記3つの対処方法があります。

離乳食の時間までにおなかがすくようにする

お腹がいっぱいで離乳食を嫌がる場合は、食事の時間までにおなかがすくように工夫することで対処できます。例えば、食事前にめいっぱい遊ぶ・運動する、前の食事の時間を少し早めてみるなど。その他、離乳食の前に母乳やミルクを与えているなら量を少し減らしてみましょう。

温度チェックまたは調理法や食材を変える

離乳食が冷たすぎる・熱すぎるなど温度が気になって食べないこともあります。温めたり冷ましたりしても食べないか確認してみましょう。

どうしても食べないときは、調理法を変えるのがベストです。例えば、みじん切りにした途端食べなくなったなら裏ごししたり、とろみをつけてみましょう。それでもダメなら食材を変えて再度挑戦。まだまだ嫌がるようなら、無理して離乳食は与えずに母乳・ミルクに戻しましょう。

練習する

生後5~6か月頃の赤ちゃんは舌を左右に動かすのが難しく、離乳食を食べるのにも慣れが必要です。まずは、母乳やミルクと同じように吸って飲み込む練習から始めましょう。トロトロに裏ごしした離乳食を哺乳瓶に入れて飲んでもらい、その後スプーンで徐々に慣れさせます。

 

離乳食を嫌がったときの注意点

赤ちゃんが離乳食を嫌がるときの注意点としては下記のものがあります。

  • 無理に食べさせない
  • 母乳・ミルクに戻す
  • 散らかして汚しても手元を自由にしてあげる

無理に食べさせない

離乳食を嫌がったら無理に食べさせないでください。離乳食=嫌なものというイメージがついて、食事は楽しくないものと感じてしまいます。全く食べなくても焦らないことが肝心です。そのうち何事もなくペロッと食べてくれることもあります。

母乳・ミルクに戻す

裏ごししてトロトロにして哺乳瓶で与えても離乳食を食べてくれないときは、もともと飲んでいた母乳やミルクに戻しましょう。あくまでも離乳食は「咀嚼」の練習ですが、離乳食を食べないなら母乳・ミルクで栄養補給してください。

散らかして汚しても手元を自由にしてあげる

赤ちゃんがママにやってもらうのではなく自分で食べたいと主張している可能性があるので、手元を自由にしてあげましょう。テーブルの上を散らかしたり、汚したりしても決して叱らずに赤ちゃんの思うままに動いてもらって、様子を見てみましょう。

 

離乳食を食べないなら「赤ちゃんせんべい」でも良い!

離乳食初期も中期も嫌がって食べない…そんなときは「赤ちゃんせんべい」などの乳児用のお菓子でも構いません。それまで離乳食を全く食べようとしなかった赤ちゃんが、おやつのおせんべいはサクサク食べ始め、そのまま離乳食も嫌がらなくなったという事例も多いです。

離乳食を食べなくても、母乳やミルクで栄養は足りています。また、トロトロの離乳食は食べないけど普通のごはんやパンといった固形物は食べる赤ちゃんもいます。

実際のところ、おかゆに全く手をつけなかった赤ちゃんが10か月になったとき大人と同じおにぎりを手づかみで食べたという例もあります。離乳食は栄養補給というよりも食べる練習。いつかは食べるようになるので安心してください。

 

離乳食を食べない赤ちゃんにイライラしてしまうときは

食材を小さく切って裏ごしして手間をかけて作ったのに、離乳食を食べてくれないと「もうご飯あげない!」とイライラしてしまうこともありますよね。その後「自分はダメなママだ…」と自己嫌悪に陥る方も少なくありません。

ママも人間です。イライラして当然。離乳食を食べさせなきゃいけない!と強く思っていませんか?そんなに重く考えずに食べてくれたらラッキー!ぐらいで考えてみましょう。

離乳食の時間を10分~15分と決めて、その時間内で食べようとしないなら切り上げるのも1つの手です。その日はやめて、また時間をおいてから試してみようといった気持ちで与えてみてはいかがでしょうか。

 

赤ちゃんが離乳食を食べなくても深く考え込まなくて大丈夫!

赤ちゃんが離乳食を嫌がって食べないのはよくあることなので、深く考えなくて大丈夫です。離乳食はあくまでも咀嚼の練習期間ですから、おやつをモグモグしていたりするなら悩む必要はありません。

嫌がったら無理に食べさせようとせず、場合によっては母乳やミルクに戻しましょう。いつかは食べるようになるので、またチャレンジしてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です