【おくるみの水通し】洗濯機・手洗いでの洗い方・保管方法・注意点

おくるみは水通ししたほうが良いの?洗濯機と手洗いどっちが良いか知りたい。

洗剤は使うべき?水通しした後はどうやって保管したら良いのかな。

など、おくるみの水通し方法・保管について困っていませんか?この記事では、おくるみの水通し方法と注意点について解説しています。

 

結論から言うと、色落ち・傷みが心配なら手洗い、洗剤を使うならすすぎ残しがないように、保管時はほかの衣類と区別してビニール袋で保存するのがおすすめです。

 

おくるみの水通し方法

おくるみの水通し方法を【洗濯機編】【手洗い編】でご紹介します。どちらの場合も、熱いお湯だと色落ち・縮みの原因になるので、水またはぬるま湯で水通しします

洗濯機で水通しする場合は、あらかじめ洗濯槽クリーナーなどで洗濯槽を掃除しましょう。水通し前に洗濯機の汚れ・カビを落としておけば、おくるみに移る心配もありません。

【洗濯機編】

  1. 洗濯機のコースを「ソフト」「手洗い」にする
  2. 水またはぬるま湯を入れる
  3. 洗濯ネットにおくるみを入れて洗濯する
  4. 風通しの良い場所で陰干し・部屋干しする

おくるみを傷めないように、なるべく「ソフト」「手洗い」コースを選び、洗濯ネットに入れて洗います。脱水が終わったら風通しの良い場所で陰干しまたは部屋干ししましょう。

【手洗い編】

  1. 水またはぬるま湯を用意する
  2. 畳んだおくるみ30分浸す
  3. 手のひらを使って押し洗い
  4. 水を入れ替えてすすぐ
  5. 軽く絞って水気を切り、洗濯ネットに入れて洗濯機で脱水する
  6. 風通しの良い場所で陰干し・部屋干しする

おくるみを畳んで洗うことで、傷み・型崩れを防ぐことができます。手洗いするときは「軽い力で押す・離す」を繰り返してください。

揉んだり擦ったりすると生地が傷んでしまうので、押し洗いが基本です。洗濯機で脱水する際は洗濯ネットにいれて、摩擦を最小限に抑えましょう。

 

水通ししたおくるみの乾かし方

おくるみの水通しが終わったら、風通しの良い場所で陰干しするのがおすすめです。

天日干しの方が良いのでは?と思う方もいるかもしれませんが、直射日光に当てると素材によっては黄色く色あせる・縮む原因になります。また、乾燥機で急いで乾かすと縮みやすくなり、摩擦で傷んでしまうので、自然乾燥が基本です。

 

花粉やPM2.5が気になるシーズンは、外よりも室内に干した方が安心です。扇風機やサーキュレーターなど風通しを良くすると、生乾きや嫌な臭いも防げます。

乾燥や送風機能があるなら浴室で干す方法もあります。おくるみが完全に乾いたことを確認してから、タンスやクローゼット、衣装ケースで保管しましょう。

 

おくるみの水通しが必要な3つの理由

おくるみの水通しが必要な理由は、3つあります。

  • おくるみについた有害物質(ホルムアルデヒド)を落とす
  • おくるみの糊・ほこり・汚れを落とす
  • おくるみの色落ち・縮み予防

おくるみについた有害物質(ホルムアルデヒド)を落とす

おくるみに限らず、布製品や家具にはホルムアルデヒドという化学物質がついています。ホルムアルデヒドとはヒトの粘膜を刺激してシックハウス症候群の原因になる有害物質です。

具体的な症状は下記の通りです。

  • 目がチカチカする
  • 涙・鼻水が出る
  • のどの渇き・痛み・咳が出る

他の製品よりも量は少ないですが、新品のおくるみにもホルムアルデヒドがついています。このホルムアルデヒドを落とすには、水洗いが有効です。

ホルムアルデヒドは水に溶けやすい性質があり、1回水洗いするだけで取り除くことができます。上記の理由から、おくるみの水通しは赤ちゃんが安心して使えるように必要な作業になります。

おくるみの糊・ほこり・汚れを落とす

新品の布製品は繊維を保護して加工しやすくするため、あらかじめ糊がついています。

新品のタオルを使おうとしたら水を弾いて思うように水分を吸収してくれなかったという経験はありませんか?その仕組みと同じで、新品のおくるみにも糊がついており水通しする前は水分を吸収しにくくなっています。

おくるみの役割の1つは「赤ちゃんの汗を吸収すること」です。新品のおくるみは、事前に水通しして糊を落とし、汗を吸収しやすくしましょう。

おくるみの色落ち・縮み対策

おくるみをあらかじめ水通しすることで色落ち・縮み対策ができます。使用してから初めて洗濯すると一緒にあらった他の衣類に色が移ってしまうおそれがあります。

また、布製品(とくにコットン・綿素材)は洗うと生地が縮むことが多いです。おくるみは縮んでも機能面でそれほど問題はありませんが、水通し後は極端にサイズが変わることがなくなり、デザインが崩れてしまう心配もありません。

 

水通しする前に「素材」「洗濯表示」を確認しよう

おくるみを水通しする際、素材を確認しましょう。素材によって、摩擦に弱いもの・水で洗えないもの・熱に弱いものがあるからです。

おくるみに使われる布素材には大きく分けて「天然素材」「合成素材」の2種類があります。

天然素材(植物繊維・動物繊維)

  • コットン(綿):水洗い可。熱・摩擦に強い。丈夫。
  • リネン(麻):水洗い可。熱・摩擦に強い。通気性が良い。乾きやすい。
  • ウール(毛):ほぼ水洗い可(洗濯表示を要確認)。毛玉になりやすい。縮みやすい。虫に弱い。
  • シルク(絹):ほぼ水洗い不可(洗濯表示を要確認)。縮みやすい。

合成素材

  • ポリエステル:水洗い可。シワ・型崩れに強い。丈夫。乾きやすい。静電気が起こりやすい。汚れが落ちにくい。
  • ナイロン:水洗い可。軽い。シワ・カビに強い。静電気が起こりやすい。熱に弱い。変色しやすい。
  • アクリル:水洗い可。軽い。カビ・虫に強い、シワ・型崩れに強い。毛玉がつきやすい。静電気が起こりやすい。
  • レーヨン:ほぼ水洗い不可(洗濯表示を要確認)。縮みやすい。シミ・シワがつきやすい。摩擦に弱い。

水通ししたらおくるみの肌触りが悪くなった・破けたなどトラブルにならないように洗濯表示は必ず確認しましょう。

シルクやレーヨンなど水洗いが難しい素材は、クリーニングに出す・スチームアイロンの蒸気を当ててすぐ乾かすなどで対応できます。

 

洗濯用洗剤は使っても良い?

洗濯用洗剤は使っても良いです。もし使う場合は、赤ちゃん衣類用の洗濯用洗剤を使いましょう。

すすぎ残しがあるとそこからカビや臭いが発生する可能性があるので、洗剤が残らないようにしっかり洗ってください。しかしながら、新品のおくるみはほぼ汚れもないので、ホルムアルデヒドや糊を落とすには水洗いで十分です

 

洗濯機・手洗いどちらで水通しするべき?

おくるみは、洗濯表示に合わせて水通しするのがベストです。ちなみに、手洗いの洗濯表示がついている素材は、洗濯機を使うと、色落ち・型崩れしやすい特徴があります。

洗濯機で洗えるおくるみでも、色落ち・型崩れが心配なら手洗いで水通しするのがおすすめです。

 

水通ししたおくるみの保管方法

  • 湿気によるカビに注意
  • 他の衣類と区別してポリ袋・ビニール袋で保管

水通しが終わったら、水気が残らないように完全に乾かします。湿気が残っているとそこからカビが発生しやすくなります。

おくるみがきちんと乾いたらポリ袋やビニール袋に入れて保管しましょう。木製のタンスやクローゼットに直接保管するとホルムアルデヒドが移ることがあります。

プラスチックの衣装ケースであれば、ホルムアルデヒドが出ないので直接収納しても大丈夫です。

 

おくるみは水通ししてから使おう!

おくるみに限らず、新品の布製品には有害物質のホルムアルデヒドや糊がついています。おくるみの水通しは、有害物質・糊を落とし汗の吸収を良くして、赤ちゃんが快適に使うための必要な作業です。

色落ち・縮み対策も兼ねているのでその後の洗濯時も色移りや型崩れの心配もありません。

水通しした後は湿気が残らないようにしっかり乾かして、ほかの衣類と区別して保管しましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です