ママ友付き合いに疲れた!楽に付き合える方法教えます

なんだか気を遣うママ友付き合い、疲れてしまいますよね。

実はママ友付き合いに悩んでいる人はどんどん増えているのです。

苦手なママがいるけど子どものことを考えるとママ友付き合いをないがしろにできない・・・

そんな思いをお持ちではありませんか?

この記事ではママ友付き合いを楽にできる方法を紹介します。

ママ友付き合いを楽にしたい方、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

ママ友付き合いのきっかけ

子どもの母親同士という共通点から友達になる形をママ友と言います。

ママ友付き合いがはじまるきっかけは、主に公園や保育園、幼稚園といったパターンが多くなっています。

マタニティスクールで知り合ったり、出産した病院で同じ部屋であったり、妊娠中に知り合うパターンもあります。

顔を合わせることが多かったりするとママ同士自然と仲良くなります。

 

ママ友付き合いのメリット

マイナスイメージが強いママ友付き合いですが、もちろんメリットもあります。

ママ友から親友になるケースもあるので、一概に悪いものといえません。

ここでママ友付き合いのメリットを紹介します。

 

情報を交換できる

子育てに関することや地域のお得な情報を交換できます。

ネットでは手に入らない幼稚園や学校の情報、習い事の情報など疑問に思っていることをお互い情報交換し合うことができます。

女性の情報網は非常に強いですから、ママ友から有力な情報を聞けるのは大きなメリットです。

 

悩み相談できるのでストレス発散につながる

ママ友はライフステージが同じなので、学生時代の友達にはできない子どものことや子育てに関する相談ができます。

子育てでたまったストレスを話すと心が軽くなりますよね。

同じ立場であるママ友に悩みを話したり、お互い共感しあったりすることでストレス発散になります。

 

子ども同士も仲良くなる

一緒にお出かけをするなど、親同士仲良くしていると、自然と子ども同士が仲良くなります。

交流が深まると家族ぐるみで仲良くなって旅行に行くなんてこともあります。

親同士も仲良ければ子どももうれしいですよね。

 

ママ友付き合いのデメリット

ママ友付き合いのデメリットを紹介します。

 

プライベートな情報が漏れる

ママ友と世間話をしていて、ポロリと話してしまったプライベートな情報がいつの間にか他のママ友に広がっていることがあります。

信用して話していても、おしゃべり好きなママ友が「ここだけの話」と言ってどんどん広めてしまう可能性があります。

相談したいことがあってもフェイクを入れるなどして、プライベートを守るようにするのがベターです。

 

気をつかうので疲れる

ママ友とは子どもありきの付き合いですから、子ども同士の関係に影響が出ないようにより気をつかってしまいます。

自分と気の合わないママ友とも付き合っていかなければなりません。

友達のように好き勝手言いたいことが言える関係ではない分、気疲れしてしまいます。

 

トラブルが面倒

子ども同士の喧嘩などで少しでも揉め事が起こり対応を間違えたりすると、嫌がらせや悪口、仲間外れなどのトラブルが発生します。

ママ友グループと敵対してしまったりすると面倒ですよね。

ママ友同士のトラブルはよくあることですので、割り切れる精神力を持つことが大切です。

 

ママ友付き合いで疲れる理由

なぜかママ友と会った日の疲労感が強いという悩みをお持ちの方もいらっしゃると思います。

疲れる理由3つ紹介します。

 

相手に気をつかわなければならない

人間関係で気をつかわない方は少ないかと思います。

ママ友付き合いは子どもありきの人間関係になるので、より一層気をつかいすぎてしまいますよね。

子どもがわんぱくだとお呼ばれしたときに気になって落ち着かなかったり、子どものお友達に注意しづらかったり、ストレスがかかります。

ママ友付き合いでの結果が子どもに影響する可能性があると考えてしまい、異常に気をつかうことで疲労感が増してしまうのです。

 

 価値観が合わない

学生時代と違って友達は好きに選べませんから、金銭感覚が全然違うママや育児の方針が違うママなどいろいろなママ友と出会うわけです。

子ども同士は仲が良くてもママとは合わないことだってあります。

合わせようとすることで疲れてしまいますので、気が合わなければ、合わせようとはせずに割り切ることも大切です。

自分とは価値観が合わないママ友とは距離を置くようにしましょう。

 

子どもへの影響を考慮しなければならない

子ども同士が仲良しだから親同士も仲良くしなければ、という使命感に燃えて気の合わないママからのお誘いになってしまったりしていませんか?

前述したように子どもに影響する可能性を考えてしまって、自分をないがしろにしている場合は改める必要があります。

 

ママ友付き合いを楽にする方法

疲労感を感じやすいママ友付き合いですが、楽にする方法があります。

5つの方法を紹介しますので、ご覧ください。

 

ありのままの自分で接する

素の自分で付き合うようにしましょう。

変に好かれようとキャラクターを作って接していると、無駄なエネルギーを使うだけです。

ありのままの自分でいることで、嫌われてしまうことがあるかもしれませんが、そもそも全員から好かれるというのは難しいことです。

本当の自分と付き合ってくれるママと仲良くなれれば、とても楽ですよね。

ママ友用にキャラクターづくりをせずに、自然体でいるようにしましょう。

 

トラブルはできるだけ回避する

仲間外れや、悪口大会などのトラブルは回避するようにしましょう。

ボスママに目をつけられて、仲間外れにされたり悪口を言われたりするとストレスがたまってしまいます。

もし悪口大会に参加させられても黙っているのがベター。

後日「○○さんが~って言ってたよ」などと広められては大変です。

なるべく同調や発言はしないようにするのが得策です。

 

心の距離感を適度に保つ

信用してついプライベートなことを話してしまったら、ご近所中の噂になっていたりします。

他のママに話していないプライベートなことをいきなり根掘り葉掘り聞かれたりしたらとても面倒ですよね。

信用するなということではありませんが、ママ友同士の話というのは噂になりやすいものです。

適度な心の距離感をもって付き合うようにしましょう。

 

相手を尊重し、褒める

相手の良いところを褒めるようにして、常に感謝の気持ちを伝えるようにしましょう。

褒められて嫌な気持ちになる人はいませんし、「ありがとう」という言葉をもらってうれしくない人はいません。

むしろ好感が持てますよね。

ポジティブな言葉、プラスになる言葉を選んで使うようにすると吉です。

 

ひとりでいることを恐れない

実際、ママ友がいなくても全く問題はありません。

ママ友付き合いは一生続くわけではなく、子供のライフステージが上がるごとに変化していくものです。

苦手なママ友とは距離を置くようにして、本当に気の合うママ友だけ付き合うようにするのも良いでしょう。

ひとりでいるのは不安かもしれませんが、無理して付き合うよりはひとりでいることでストレスフリーの環境に身を置くほうが自分のためになりますよ。

 

ママ友付き合いに疲れた!楽に付き合える方法教えます のまとめ

いかがでしたか?

ママ友付き合いにもメリットもありますが、難しい付き合いです。

わかっているとはいえ、いろいろと気をつかってしまいますよね。

ママ友付き合いに疲れているみなさん。

ぜひ楽にする方法を実践して、ストレスフリーの生活を送りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です